×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ラムネ

場所:和歌山県西牟婁郡白浜~東牟婁郡串本

ラムネの聖地に行ってみました。元々未プレイでしたが、1回目はガチの観光で、2回目は他の聖地巡礼と合わせて写真におさめてきました。
観光地ですがアクセスが余り良くないので、レンタカーかタクシーを使うことを推奨します。

和歌山駅から電車で出発するのであれば、特急くろしおを使用しましょう。特急を使用しても2時間かかります。
道中みるべき景色は特にないので、暇つぶしはもって行きましょう。新大阪駅からであれば往復8000円、
串本までであれば往復9200円必要です。巡礼だけで行くには高いかな……

まずは白浜駅周辺です。
1.白浜駅 
2.白浜駅前 
人がいませんが朝6時30分に撮影しています。ここは日中になると観光客で溢れ返ってますので気をつけましょう。
最初のくろしおが9時36分に着くので、それまでは人通りが疎らなのかもしれません。

白良浜にいく途中に公園があります。車じゃないと厳しいです。近くのスーパーに停めて少し歩きます。
3.公園 

続いて白良浜周辺。海水浴シーズンでしたが、ここの付近の駐車場は1回2000円します。
さすがに馬鹿らしいので円月島付近の写真撮影スペースに駐車して15分程度歩いていきました。
4.浜辺1 
5.浜辺2 

更に白良浜方面に歩いて行きます。
6.白良浜海水浴場入口前の家 

7.白良浜海水浴場入口   
白良浜海水浴場入口です。ゲーム内では現場を反転したものを再利用しているものがあります。
朝7時だというのに既にかなりの人がいました。間違っても日中に撮影しようとしないでください。
水着の姉さんに誤解されても責任は持てません。リア中爆発しろ。


シーズン外にもう一度白良浜を訪問しました。朝6時半なので人は疎らでした。
12.白良浜 
実際は宿泊施設が多数あります。南側を撮影してますが、後ろの岩の模様は北側に似ています。

白良浜   
写真は反転する必要があります。

続いて、円月島を横目にグラスボード乗り場まで移動します。入口は若干見つけづらいです。付近には水族館もあります。
8.グラスボード乗り場

これを反転させると、ゲーム中の背景と一致します。反転することを知っていないと、現場で迷うことになります。
グラスボード乗り場(反転) 

ここから国道42号線を南に下っていきます。江住駅付近の道路沿いです。
9.江住駅付近の道路沿い 
白浜からだと高低差の激しい40kmの道を下って辿り着く所なので車でないと厳しいです。
電車の場合は江住駅で降りますが、次の電車まで2時間待ちとなります。

写真撮影中、店員から「お兄さん、ちょっといいかな~?」と言われドキッとしましたが、。
「兄さんのように写真撮ってる人がいるんだけど、ここの風景が確かゲームの背景だったかな?」と聞かれました。。
『ええ、そうなんですよ(エロゲですけど……)』
「どんな風景なの?見せてもらえる?」
『ええ、これなんですよ』
「へぇ~。週末になるとたまにとってる人がいるんだよね。」
『……今でもくるんですねw』
「むかしは看板もあったんだけどね~。ありがとう。」
『写真とってもいいですか……?』
「おう、いいよ!でも、せっかくならこっちの建物を撮って宣伝してもらいたいよw」


ということで、森下商店です。釣具だけでなく、コンビニとして飲食物も売ってます。
森下商店
http://www.bakucho.net/shop/morisita/morisita.html
調べて気づきましたが、船長さんでした。すごい気さくな方でした。
店は人で選ぶとも言いますし、宣伝しなくても十分釣り客は集まってきそうです。

そのまま串本へ。
10.潮岬灯台 
潮岬灯台へ続く道です。

続いて潮岬観光タワーへ繋がる道の途中
11.潮岬観光タワー付近 
潮岬観光タワー付近 
観光地なので、羞恥心も迷惑も考えなくていいですね。人が居たのが残念ですが、本州最南端の場所でもあり、かなり眺めはいいですよ。
ただし、徒歩や自転車で全部訪問できるような易しい巡礼地ではありません。

総評
難易度C~S  羞恥心D~S  迷惑度D~S 


ここで紹介したものをMAPに纏めてます。

より大きな地図で ラムネ を表示

聖地巡礼をするにあたり、以下のサイトを参考にさせていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。
でんげき☆ネットワークサービス
http://www.dengeki.ne.jp/repo/wakayama/20070915.html
舞台探訪&ツーリング
http://rapunzel.uunyan.com/kumano2005-1.htm

TOP Back